感性が光るブランド品の持ち方

ここでは皆様から寄せられた体験に基づくブランドの学習法やブランドの攻略法をご紹介し ています。
そんなあなたに役立てるよう、ブランドのハテナ、質問が解決できるよう、ブランドに関してのサイトを集めたので参考にしてみてください。
気になったページをまずはクリック↓↓

ブランドというのは…

好きな男性ファッションブラントというと、かつてはトミーフィルフィガーがかなり好きで、量販店などで安売りをしているときはこぞって買いにいっていましたが、不況の影響で最近は買う機会が少なくなりましたね。ブランドの方向性も、オヤジ連中が好むゴルフ系の衣類に力が入り始め、どうしてもテニスやカジュアル路線が一般的でなくなった影響も大きいかと思います。大学のときに同じものを選択していた人は、みんなこぞってギャップかユニクロに流れていると思います。お金がなくなってしまった自分などはユニクロで大満足ですが、ユニクロはそうでない人にも愛されているので、全然違和感がないのですね。
その他にはカジュアルのナイキやプーマなんかもかなり好きでした。シューズのメーカーですが、サッカー関連の衣類などをかなり出していて、そういったものを普段着としてきるのがかなり自分としては好きでした。ただ最近はカジュアルを着て外出する機会がめっきり減っているのが、残念なところです。
最近この辺の男性ファッションブランドは、ヨウジヤマモトがつぶれたり、バブルのころに絶世を極めた高級路線が、森ヒルズに出店しているあたりを除いて本当に滅びかかっており、激戦がすごいものがあります。オヤジになると青山やコナカで十分と思うようになり時代を感じますね。
Search
Copyright (C)2016感性が光るブランド品の持ち方.All rights reserved.